このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

大人の風しん予防接種費用

更新日:2021年3月31日

大人の風しん予防接種費用助成事業について

妊婦が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが難聴や心疾患などの先天性風疹症候群を発症する可能性があります。そのため、妊娠する前に予防接種を済ませておくことや家族など周囲にいる方が風しんにかからないようにすることが大切です。
蔵王町では、母と子の風しん感染を予防するために予防接種費用の一部助成を行っています。指定している実施医療機関以外で接種した場合でも助成します。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。実施医療機関(PDF:44KB)

対象者

蔵王町に住所があり、次のいずれかに該当する方で、風しん抗体検査の結果、風しん抗体がない又は抗体価が低い方。

  1. 妊娠を予定または希望している16歳~49歳の方
  2. 1の配偶者
  3. 妊娠している女性の配偶者および同居家族

※ただし、助成は一人1回のみ

対象ワクチン

風しんワクチンまたは麻しん風しん混合ワクチン(MR)

助成額

接種に要した費用から1,000円差し引いた額
例)接種費用 - 自己負担金 = 助成額
  8,000円 - 1,000円 = 7,000円

助成の申請方法

次の書類をそろえて子育て支援課に申請してください。
助成金については、審査のうえ助成決定後おおむね30日以内に指定口座へ入金します。
(助成申請は接種後できるだけ1か月以内に行ってください。)

  1. ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。申請書(PDF:106KB)(申請窓口にもあります。)
  2. 風しん抗体検査結果の写し
  3. 接種を証明できる書類の写し
  4. 領収書の写し
  5. 印鑑
  6. 振込先口座の通帳の写し
  7. 妊娠している女性の配偶者および同居家族の場合は、母子健康手帳

その他

  • 宮城県では、妊娠を希望する19歳~49歳の助成や風しん抗体価が低い妊婦の同居家族などを対象に、県内の登録医療機関において風しん抗体検査を無料で実施しています。詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。宮城県ホームページ(外部サイト)をご参照ください。
  • 健康被害が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済を請求することになります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

蔵王町子育て支援課(蔵王町地域福祉センター内)

平日の午前8時30分~午後5時15分
E-mail:kosodate@town.zao.miyagi.jp
※全角@は半角@に読み替えてください。

電話:0224-33-2122

FAX:0224-22-7010

ページの先頭に戻る