○蔵王町すこやか養育助成金支給に関する条例

令和元年12月17日

条例第33号

蔵王町すこやか養育助成金支給に関する条例(平成8年蔵王町条例第9号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この条例は、蔵王町に生まれた子供を祝福し、保護者の子育てを支援するため、すこやか養育助成金(以下「助成金」という。)を支給することにより、子育て世代の定住促進に寄与することを目的とする。

(支給要件)

第2条 町長は、出生後最初の住民基本台帳の記録が本町にされた子の保護者(生まれた子と同居し、現に養育している父又は母をいう。以下同じ。)が、次の各号のいずれにも該当している場合には、その者に対し、助成金を支給する。

(1) 町内に住所を有した日等が、その子が生まれた日から起算して6月以上前の日であり、かつ、その日から継続して町内に住所を有している者であること。

(2) 町内に定住を前提とする者であること。

2 前項第1号に規定する町内に住所を有した日等の基準は、規則で定める。

(助成金の額)

第3条 助成金の額は、保護者が町内に住所を有しているときに生まれた子の人数(生存している子に限る。以下同じ。)に応じ、それぞれ次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 1人であるとき 5万円

(2) 2人であるとき 5万円

(3) 3人以上であるとき 45万円

2 前項第2号及び第3号の規定を適用する場合において、保護者に同居している養子(当該保護者が扶養する者に限る。)がいる場合は、その養子が生まれた日に当該保護者が出産したものとみなして、子の人数に算入する。ただし、当該養子が出生後最初の住民基本台帳の記録を町外にしていた場合は算入しない。

(支給の特例)

第4条 町は、第2条の支給要件のうち、同条第1項第1号の支給要件のみを欠く者が、当該出産の日以後においても引き続き町内に住所を有し、かつ、町内に住所を有した日等から起算した継続居住期間が6月を超えたときは、その者に対して助成金を支給することができる。

(申請)

第5条 助成金の支給を受けようとする保護者は、規則の定めるところにより町長に申請しなければならない。

2 前項の規定による申請は、子が生まれた日から1年以内にしなければならない。ただし、町長がやむを得ない事情があると認めた場合は、この限りでない。

(支給決定等)

第6条 町長は、前条の申請があったときは、その内容を審査し、支給の可否を決定し申請者に通知するものとする。

2 町長は、前項の規定により支給を決定したときは、速やかに助成金を支給するものとする。

(受給権の喪失)

第7条 助成金の受給権を有する保護者が、町内に住所を有しなくなったときは、受給の資格を喪失する。

(受給権の譲渡等の禁止)

第8条 助成金を受ける権利は、これを譲渡し、又は担保に供することができない。

(助成金の返還)

第9条 町長は、次の各号に掲げる事由が生じたときは、助成金の支給決定を取り消し、又は既に支給した助成金を返還させることができる。

(1) 子が生まれた日から1年未満で転出したとき。

(2) 偽りその他不正の手段により助成金の支給を受けたとき。

2 町長は、災害等自己の責によらない特別の事情があると認めるときは、助成金の全部又は一部の返還を免除することができる。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、令和2年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 令和2年4月1日から令和3年3月31日の間に第3子以降の子を出生した保護者が、第2条第1項第1号及び第2号の要件を満たし、かつ、次の各号のいずれかに該当する場合は、その者に対する助成金の額は、第3条の規定にかかわらず当該各号に掲げる額とする。この場合において第2条第1項第1号中「6月」とあるのは、「3月」と読み替えるものとする。

(1) 町内に住所を有しているときに生まれた子(生存している子に限る。以下同じ。)の人数が3人以上であるとき 50万円

(2) 町内に住所を有しているときに生まれた子の人数が2人であるとき 30万円

(3) 町内に住所を有しているときに生まれた子の人数が1人であるとき 10万円

3 保護者に同居している養子(当該保護者が扶養する者に限る。)がいる場合は、その養子の出生日において当該保護者が出産したものとみなして、前項の規定を適用する。

附 則(令和2年条例第12号)

この条例は、公布の日から施行する。

蔵王町すこやか養育助成金支給に関する条例

令和元年12月17日 条例第33号

(令和2年4月1日施行)