このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

子どもの予防接種

更新日:2020年2月27日

お母さんがプレゼントしてくれた病気に対する抵抗力(免疫)は、自然に失われていきます。お子さん自身が免疫をつくって、病気を予防するために予防接種を受けましょう。
予防接種には、予防接種法に定められた定期予防接種と、それ以外の任意予防接種があります。予防接種を受けるには、それぞれ適した時期がありますので、その時期になりましたら指定医療機関に予約をして、予防接種を受けましょう。

定期予防接種

  • 予防接種法に定められている定期予防接種の対象者は無料で接種することが出来ます。
  • 対象年齢および接種間隔をご確認のうえ接種して下さい。対象年齢以外で接種する場合は、全額自己負担になります。
  • 接種が受けられる実施医療機関は予防接種の種類により異なります。町発行の委託書の裏面に記載してありますので、予約をしてからお受けください。
  • 接種を受けるときは、町発行の委託書、予診票、母子健康手帳を実施医療機関窓口に提示して下さい。
    また、保護者もしくはお子さんの日頃の健康状態を知る大人の方が同伴してください。
  • 町発行の委託書、予診票がないときは町子育て支援課に受け取りにいらしてください。
  • 日本脳炎の特例接種について
  • 平成19年4月2日から平成21年10月1日までに生まれた方は、9歳から13歳未満の間に第1期の未接種分を無料で接種することができます。また、平成7年4月2日から平成19年4月1日までに生まれた方は、20歳未満の間に、第1期、第2期を無料で接種することができます。
  • 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種について
  • 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)は、平成25年4月より、定期予防接種として実施しているところですが、平成25年6月厚生労働省から「副反応の発生頻度がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨を差し控える」との地方自治法に基づく勧告を受け、蔵王町では接種対象者に個別に通知するなど積極的な勧奨は控えていますが、接種することは可能です。接種を希望される方は子育て支援課にお問い合せください。
  • 宮城県広域化予防接種事業について
  • かかりつけ医が町外である、家庭の事情で長期間町外に滞在するお子さんは、蔵王町が指定している実施医療機関以外で予防接種を受けることができます。(BCGは除く。)希望する医療機関が広域化予防接種事業に登録しているか、ご確認ください。
  • 県外で予防接種を希望する場合
  • やむを得ない事情により、県外での予防接種を希望される場合は、事前に子育て支援課にご相談ください。
定期予防接種について
種類 対象年齢 標準的な接種期間 接種回数 接種間隔
四種混合
(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)
1期
初回
生後3か月~
90か月に至るまでの間
生後3か月~12か月の間
20~56日間隔で3回
1期
追加
生後3か月~
90か月に至るまでの間
初回接種終了後
12~18か月 1回
三種混合
(ジフテリア・百日咳・破傷風)
1期
初回
生後3か月~
90か月に至るまでの間
生後3か月~12か月の間 20~56日間隔で2回
1期
追加
生後3か月~
90か月に至るまでの間
初回接種終了後12~18か月 1回
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
11歳以上13歳未満 11歳に達した時から12歳に達するまでの期間
1回
不活化ポリオ 1期
初回
生後3か月~
90か月未満
生後3か月~12か月の間 20~56日間隔で3回
1期
追加
生後3か月~
90か月未満
初回接種終了後12~18か月 1回
BCG 1歳未満 生後5か月~8か月未満 1回
MR
(麻しん風しん)
1期 生後12か月~24か月未満 1回
2期 5歳以上7歳未満の小学校就学前1年間 就学前年度の4月1日~3月31日 1回
水痘 1回目 1歳の誕生日前日から3歳の誕生日の前日まで 生後12か月~15か月 1回
2回目 1歳の誕生日前日から3歳の誕生日の前日まで 1回目接種後6~12か月経過した時期 1回
日本脳炎 1期
初回
生後6か月~
90か月に至るまでの間
3歳~4歳未満で6日~28日間隔で2回
1期
追加
生後6か月~
90か月に至るまでの間
初回接種終了後、1年経過した時期
4歳から5歳未満で1回
2期 9歳以上13歳未満 9歳に達した時から10歳に達するまでの期間
1回
ヒブワクチン
※接種開始時期により接種回数が異なります。
開始時期が
生後2か月~7か月未満
初回接種 27日~56日間隔で3回
追加接種
初回接種終了後7か月~13か月の間隔で1回
開始時期が
生後7か月~1歳未満
初回接種 27日~56日間隔で2回
追加接種
初回接種終了後7か月~13か月の間隔で1回
開始時期が
生後1歳~5歳未満
1回
小児用肺炎球菌ワクチン
※接種開始時期により接種回数が異なります。
開始時期が
生後2か月~7か月未満
初回接種 27日以上の間隔で3回
追加接種 初回接種終了後60日の間隔で1回
開始時期が
生後7か月~1歳未満
初回接種 27日以上の間隔で2回
追加接種 初回接種終了後60日の間隔で1回
開始時期が
1歳~2歳未満
60日以上の間隔で2回
開始時期が
2歳~5歳未満
1回
子宮頸がん予防ワクチン 中学1年生
~高校1年生女子
ワクチンには「サーバリックス」、「ガーダシル」の2種類があり、効果や接種間隔等が異なります。詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省のホームページ(外部サイト)でご確認ください。
B型肝炎 生後2か月~1歳に至るまでの間 生後2か月~9か月で
(1回目・2回目)27日以上の間隔で2回
(3回目)1回目の接種から139日以上の間隔

ロタウイルスワクチン
 対象:令和2年8月以降に生まれた子

ロタリックス           生後6週~24週まで2回
ロタリックス          生後6週~32週まで3回

1回目 どちらも生後2か月に至った日から14週6日まで
2回目 1回目から27日以上あけて生後24週まで
3回目 ロタテックのみ2回目から27日以上あけて生後32週まで

【町独自】任意予防接種費用助成事業対象の予防接種

蔵王町では、子どものおたふくかぜワクチン・ロタウィルスワクチン・インフルエンザワクチンの予防接種にかかった費用について一部助成を行っています。

おたふくかぜワクチン・ロタウィルスワクチンの助成について
種類 助成対象期間 助成回数 自己負担金
おたふくかぜワクチン 満1歳~3歳未満 1回 1,000円
ロタウィルスワクチン ロタリックスワクチン 生後6週~24週 2回 1回につき
1,000円
ロタテックワクチン 生後6週~32週 3回 1回につき
1,000円
  • おたふくかぜワクチン、ロタウィルスワクチンの接種費用の全額を、一旦、医療機関窓口でお支払いください。
  • 後日、助成事業申請の手続きをしていただき、接種費用から自己負担金1回1,000円を差し引いた金額を指定口座に入金します。
  • 予診票は医療機関に備えてあるものをご使用ください。
  • ※令和2年10月からロタウィルスワクチン予防接種が定期接種(対象は令和2年8月以降に生まれたお子さん)になるため自己負担金はありません。令和2年7月以前に生まれたお子さんで、接種している場合は今年度中に払い戻しの手続きをしてください。

助成の申請方法

次の書類をそろえて町子育て支援課に申請してください。
助成金については、審査のうえ助成決定後概ね30日以内に指定口座へ入金します。
(助成申請は接種後出来るだけ1か月以内に行ってください。)

  1. ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。申請書(PDF:95KB)(申請窓口にもあります。)
  2. 接種を証明できる書類の写し(母子健康手帳など)
  3. 領収書の写し
  4. 印鑑
  5. 振込先銀行の通帳の写し
インフルエンザワクチンの助成について
接種時年齢 接種回数 自己負担金
生後6か月~小学生 2回 1回につき1,000円
中学1年生 13歳以上は1回
13歳未満は2回
1回につき1,000円
中学2年生 1回 1,000円
中学3年生 1回 無料
  • 自己負担金1回1,000円を実施医療機関窓口でお支払いください。
  • 予診票は子育て支援課で受け取るか、医療機関に備えてある町指定のものをご使用下さい。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。インフルエンザ実施医療機関一覧(令和2年10月1日~12月31日)(PDF:53KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

蔵王町子育て支援課(蔵王町地域福祉センター内)

平日の午前8時30分~午後5時15分
E-mail:kosodate@town.zao.miyagi.jp
※全角@は半角@に読み替えてください。

電話:0224-33-2122

FAX:0224-22-7010

ページの先頭に戻る