宮城県蔵王町 みやぎけんざおうまち

  • 蔵王町長の部屋
  • Web提言箱
  • 広報ざおう
  • 蔵王町議会だより
  • インターネット公売のお知らせ
  • ふるさと応援寄附
  • 蔵王町観光情報
ホーム > 暮らしの案内 > 生活・環境 > 防災情報 > 自主防災組織の結成

生活・環境

自主防災組織の結成

自主防災組織はなぜ必要か

大規模な災害が発生した場合、町では消防署、警察署、消防団などの防災機関が総力をあげて応急対策を行いますが、同時多発の災害を最小限に食い止めるには、各自がバラバラに行動するのでは効果はあまり期待できません。地域のみなさんがお互いに協力し合い、初期消火、救助・救護活動、避難などを組織的に行動することによって、その効果が最大限に発揮できるのです。

そこで、現在、各行政区において「自主防災組織」を結成するための組織づくり等の準備が行われておりますが、日頃から災害を想定し、迅速に対応できる備えと、訓練を積み重ねておくことが必要です。

また、町による自主防災組織の結成や育成の支援もしていきますので、補助金を活用しながら、地域のみなさんがお互いに協力し合い「自主防災組織」を充実させていきましょう。


町と自主防災組織(行政区)との役割・連携

町の役割 行政区の役割
  • 結成支援・アドバイス
  • 町内全域の防災マップを作成
  • 救命講習会などの実施
  • 防災知識の普及 
  • 結成、防災活動、機材整備補助金の交付
  • 緊急時の連絡体制の確立
  • 緊急時に連絡、避難などができる隣近所の組織づくり
  • 周りの人の手助けが必要な人(避難困難者)の把握
  • 危険箇所の把握
  • 避難場所の確認
  • 防災啓発、研修、訓練の実施
  • 防災資機材の備蓄と整理・点検

結成までの手順

①自主防災組織の必要性を地域の皆さんで話し合います。
※行政区長などを中心に結成を検討します。必要に応じて町もアドバイスします。

    広報ざおう

②自主防災組織の結成に向けた同意をとります。
※地区で総会や会合を開催し、結成の趣旨や活動内容を説明し、同意を得てください。

    広報ざおう

③役員・運営委員を選出し、役割分担を決めます。
※組織の中心となる役員と、活動する内容ごとに班を結成し役割分担しましょう。

    広報ざおう

④自主防災組織の規約を作成しましょう。
※規約は、活動目的や内容を取り決めるものです。規約の作成は、町にご相談ください。

    広報ざおう

⑤地域の皆さんに回覧して結成をお知らせしましょう。

    広報ざおう

⑥役場に結成を届け出ます。
※町総務課に提出してください。

自主防災組織の活動事例

自主防災組織の活動事例を紹介します。


自主防災組織支援事業補助金

町では、行政区を単位として、自主防災組織設立の届出があった組織に対し、防災資機材の整備や訓練・啓発に必要な経費について、補助金を助成します。

対象経費区分  補助金額
防災訓練・啓発に必要な経費 基本額2万円+(世帯数×100円)
防災資機材の整備に必要な経費 対象経費の3/4を補助、上限10万円
交付申請には購入品のカタログや見積書のコピー、実績報告には購入品の領収書のコピーや写真が必要になりますので、留意してください。

指定避難所(地区集会所)用太陽光発電システム設置事業補助金

町では、自主防災組織が指定避難所(地区集会所)に太陽光発電システムを設置する場合、設置費用の一部を助成します。

対象システム
  • 住宅の屋根などへの設置に適した、太陽電池による発電設備であること(未使用品のみ)
  • 太陽電池の最大出力の合計値が4kW以上であること
  • 設置後のサポート等がメーカーによって確保されているもの
  • 集会所の利用者が見やすい場所に電力モニターを設置していること

※申請前に設置工事に着手している場合は、対象となりません。

補助金額 対象経費の90%を補助、上限200万円

お問い合わせ先

 総務課
 TEL:0224-33-2211 FAX:0224-33-4159

ページの先頭に戻る

情報セキュリティーポリシー(PDF)サイトマップリンク集

蔵王町役場

〒989-0892 宮城県刈田郡蔵王町大字円田字西浦北10
TEL : 0224-33-2211(代表) FAX : 0224-33-4159
MAIL:info@town.zao.miyagi.jp

Copyright(C)2013 TOWN ZAO. All rights reserved.