宮城県蔵王町 みやぎけんざおうまち

  • 蔵王町長の部屋
  • Web提言箱
  • 広報ざおう
  • 蔵王町議会だより
  • インターネット公売のお知らせ
  • ふるさと応援寄附
  • 蔵王町観光情報
ホーム > 暮らしの案内 > 健康・福祉 > 介護予防・日常生活支援総合事業(住民向け)

健康・福祉

介護予防・日常生活支援総合事業(住民向け)

介護予防・日常生活支援総合事業

蔵王町は平成29年4月から新しい介護予防・日常生活支援総合事業を開始します。

要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしく暮らせるよう、地域で高齢者を支える医療や介護、福祉、生活支援サービスなどの制度を整えながら、高齢者自身も自らの持つ能力を最大限に活かしながら、健康を維持し、要介護状態となることの予防を目的に、「新しい総合事業(介護予防・日常生活支援総合事業。以下「総合事業」という。)」が創設されました。

総合事業は、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」からなります。
  介護予防・生活支援サービス事業   一般介護予防事業
 利用できる方 ①要介護認定の要支援1・2の認定を受けた方(要支援認定者)
②基本チェックリストで生活機能の低下があると町が判断した方(事業対象者)
65歳以上のすべての方 
 内  容 ●訪問介護サービス(ホームヘルプサービス)
●通所介護サービス(ディサービス)
●生活支援サービス(栄養改善と見守りを合わせた配食サービス※があります)
  ※該当要件がありますのでご確認ください
 配食サービス

●認知症予防教室
●介護予防運動教室
●介護予防サポーター養成講座
●地域リハビリテーション活動支援事業
 介護予防教室へ 

要支援認定者が利用できるサービスは、介護予防・生活支援サービス事業のほかに、介護予防給付に該当する次のサービスを受けることができます。

●介護予防訪問入浴介護 ●介護予防居宅介護療養管理指導
●介護予防訪問看護 ●介護予防通所リハビリテーション
●介護予防短期入所生活介護 ●地域密着型の介護予防サービス
●介護予防福祉用具貸与

(注意)
事業対象者の方は、介護予防給付のサービスは受けられません。そのため身体機能の低下により、介護予防給付のサービスが必要になった場合は、要介護認定申請をしていただき、認定結果で要支援1・2に該当した場合に受けることができます。

総合事業への段階的移行について

○現在、要支援1・2の認定を受けて、平成29年3月31日以降に認定期間の満了を迎える方は
 (介護予防給付を受けている場合)
   ⇒要支援認定更新申請をし、認定の結果「要支援1・2」に該当したときに総合事業の対象になります。
 (介護予防訪問介護、介護予防通所介護のみを利用している場合)
   ⇒基本チェックリストで判定を受けて、「事業対象者」と町が認定をした場合に総合事業の対象となります。
○第2号被保険者は基本チェックリストの使用はできません。特定疾病により要介護認定の結果で要支援1・2に該当した場合に総合事業の対象となります。

基本チェックリスト(25項目)


お問い合わせ先

 蔵王町地域包括支援センター
 電 話  0224-33-2003(内線573・598)
 FAX  0224-33-2988
 E-mail:hofuku@town.zao.miyagi.jp

ページの先頭に戻る

情報セキュリティーポリシー(PDF)サイトマップリンク集

蔵王町役場

〒989-0892 宮城県刈田郡蔵王町大字円田字西浦北10
TEL : 0224-33-2211(代表) FAX : 0224-33-4159
MAIL:info@town.zao.miyagi.jp

Copyright(C)2013 TOWN ZAO. All rights reserved.