宮城県蔵王町 みやぎけんざおうまち

  • 蔵王町長の部屋
  • Web提言箱
  • 広報ざおう
  • 蔵王町議会だより
  • インターネット公売のお知らせ
  • ふるさと応援寄附
  • 蔵王町観光情報

健康・福祉

妊娠がわかったら

母子健康手帳の交付

母子健康手帳は、お母さんとお子さんの健康を守るための大切な記録になります。医療機関から妊娠届をもらい、保健福祉課に提出してください。

毎週月曜日の午前9時~12時に保健師が随時交付しています。仕事等で交付日に都合がつかない場合は、保健師が対応できる日時であれば交付可能ですので、事前に保健福祉課までご相談ください。


妊婦相談(子育て支援課)

妊婦さんが心配なことを相談できる場、出産を迎えるまでにご夫婦が「お父さん」「お母さん」になる準備をする場として、妊婦相談を行っています。
妊娠中の10か月間をより安心した気持ちで、楽しく過ごしていただけるように応援しています。


妊婦一般健康診査費助成

妊婦さんと赤ちゃんの健やかな成長・出産を応援するため、妊婦健康診査にかかる費用を助成します。母子健康手帳交付時にお渡しする「母子健康手帳別冊」に14回分の受診票(助成券)が入っています。
また、多胎妊娠の方は、14回分の他に6回分の受診票(助成券)を追加交付します。(町独自)
県内の医療機関で健診を受ける場合は、受診票(助成券)の提出のみで助成が受けられます。

  • 県外の医療機関で妊婦健診を受診する場合
県外の医療機関で健診を受けた方は、受診時に健診費用をいったんお支払いただくようになります。
そして、出産後に保健福祉課に申請していただき、助成額を確定後に口座振込します。
 
  • 手続きに必要なもの
    妊婦健康診査費助成申請書(PDF)記入例(PDF)
    ・母子健康手帳別冊内の受診票(助成券)
     ※医療機関で受診票への記入、押印が可能な場合は、妊婦健診を受診した証明になりますので、健診受診時に提出してください。
    ・健診費用を支払った際の領収書
    ・母子健康手帳(又は「妊娠中の経過」のページのコピー)
    ・印鑑

赤ちゃんが生まれたら

産婦・新生児訪問(生後4か月までの全戸訪問事業)

赤ちゃんが生まれた全てのご家庭に助産師、保健師が訪問し、お子さんの発育やお母さんの体調管理、授乳方法、育児などの相談に応じます。おおむね生後4か月までの赤ちゃんがいる家庭が対象です。
赤ちゃんが生まれたら「母子健康手帳別冊」に入っている「出生連絡票」(はがき)に必要事項を記入の上、50円切手を貼って投函するか、町民税務課(保健福祉課も可)に提出してください。

  • 出産後、他市町村に長期里帰りしている、又は、他市町村から蔵王町に長期里帰りしている場合

他市町村に里帰りしている場合は、里帰り先の住所、自宅に帰宅する時期など「出生連絡票」(はがき)でお知らせください。保健師等から連絡を差し上げ、訪問時期をご相談いたします。里帰り先の市町村に訪問を依頼することもできますので、保健福祉課までご相談ください。
また、他市町村から蔵王町に里帰りしている場合は、住所地市町村からの依頼があれば、蔵王町で訪問を実施することも可能です。住所地市町村の担当課と早めにご相談ください。

お問い合わせ先

 保健福祉課
 TEL:0224-33-2003 FAX:0224-33-2988
 E-mail:hofuku@town.zao.miyagi.jp

ページの先頭に戻る

情報セキュリティーポリシー(PDF)サイトマップリンク集

蔵王町役場

〒989-0892 宮城県刈田郡蔵王町大字円田字西浦北10
TEL : 0224-33-2211(代表) FAX : 0224-33-4159
MAIL:info@town.zao.miyagi.jp

Copyright(C)2013 TOWN ZAO. All rights reserved.