宮城県蔵王町 みやぎけんざおうまち

  • 蔵王町長の部屋
  • Web提言箱
  • 広報ざおう
  • 蔵王町議会だより
  • インターネット公売のお知らせ
  • ふるさと応援寄附
  • 蔵王町観光情報
ホーム > 暮らしの案内 > 議会・選挙・その他行政 > 農業委員会 > 農地法の手続き

議会・選挙・その他行政

農業委員会

農地の貸借、所有権移転(売買、贈与等)、農地転用について

申請から許可までの流れ


<許可申請の際の注意点>

  • 申請書の用紙や必要書類のチェック表は、農業委員会事務局に備え付けています。いずれの場合でも申請地の登記事項証明書(全部事項証明に限る)が必要となります。その他の必要書類は、チェック表により確認をお願いします。
  • 耕作を目的とした農地の所有権移転、使用収益権(賃貸借・使用貸借)の設定をしたいとき→農地法第3条の申請となります。 次のようなケース等は原則許可されませんのでご注意ください。
    ・権利を取得しようとする農地の面積を含め、経営面積が下限面積(蔵王町では50a)に満たない場合
    ・権利を取得しようとする人が農作業に常時従事することが認められない場合 等
  • 農地を農地以外の目的で使用したいとき→自分の土地を自分が転用して使用したい場合は農地法第4条、他人への所有権移転や貸借を伴う転用をしたい場合は第5条の申請となります。申請すれば必ず許可されるものではありませんので、次の点にご注意ください。
    ・農振農用地等、転用の認められない農地もあります。転用可能な農地かどうか、事前に農業委員会にご確認ください。
    ・農地は食料供給のための大切な資源ですので、目的のための必要最低限の面積しか転用は認められません。過大な面積の申請では許可されませんので、分筆するなどして本当に必要とする面積のみ申請してください。一般個人住宅のための転用の場合の上限は500㎡が目安となります。
  • 農業委員会総会で審議した結果、さらに調査の必要が生じた場合は、翌月の総会で継続して審議する場合があります。
標準処理期間
蔵王町農業委員会では、農地法第3条等の事務処理について、申請書受付から許可までの標準処理期間を次のように定め、迅速な事務処理による行政サービスの向上に努めています。
 ・農地法第3条第1項の許可事案:30日
 ・農地法第4条第1項の許可事案(2ヘクタール以下):50日
 ・農地法第5条第1項の許可事案(2ヘクタール以下):50日

<申請書ダウンロード>
農地法第3条許可申請書・記入例・チェックリスト(PDF)
農地法第4条及び第5条許可申請書・チェックリスト(PDF)
農業経営基盤強化促進法に係る利用権(再)設定申出書・記入例(PDF)
 

農業委員会に関するお問合せ
農業委員会(農業委員会のページはこちら
noui@town.zao.miyagi.jp

ページの先頭に戻る

情報セキュリティーポリシー(PDF)サイトマップリンク集

蔵王町役場

〒989-0892 宮城県刈田郡蔵王町大字円田字西浦北10
TEL : 0224-33-2211(代表) FAX : 0224-33-4159
MAIL:info@town.zao.miyagi.jp

Copyright(C)2011 TOWN ZAO. All rights reserved.